明日はサマーコンサート

sibe2.jpg前日リハーサルは灘区民ホールで。小ぶりですがきれいな気持ちの良いホール。
シューベルト、シベリウスともに通しました。
学生たちのこの1週間の蓄積が形になってきているのを実感します。
あとは、この蓄積をもって本番ステージでどこまで集中力を維持し、クールに、かつ情熱をもって演奏できるか。人に伝えるためには、独りよがりの想いだけでは空回り、
ましてや、作品は他人様、作曲者さまが遺したもの。それを託された形で作品のメッセージを演奏者が全員で解読し現実の音にして解き放つ。その行為の中には、もちろん多くの演奏者の想いが入ります。

シューベルトの交響曲第7番未完成、シベリウスの交響曲第2番、ともに非常に有名な作品。
数えきれない演奏回数がある中で、多くの名演が残っています。名曲は懐が深い。作曲された時点で深く広い世界が作品に存在している。そこに触れる後世の我々は、向き合う姿勢でどんな世界が見えるか、発見できるかが違ってくる。音符という限られた手段で残された世界は、実はとても無限の世界を含み持つ。

さて、明日はどんな響きの世界がお届けできるか、自分も楽しみです。

そして学生指揮者が指揮する、フンパーディンク ヘンゼルとグレーテル序曲も若々しく新鮮な演奏で仕上がってきています。ぜひお楽しみに!

conductors.jpg

その学生指揮者たち。左側が今回前プロ指揮をする、そしてメインの練習指揮を担当していた佐久間君。
そしてシューベルトの練習指揮の高橋さん。 ここまで本当にありがとう!
 

ted.jpg

さて、応援にかけつけてくれた・・・・・・・・・・・ted!
先日頂きました!!!もちろんこの映画は見ています。
この何とも言えない面構え・・・・いいですね。
さっそく我が家のクマ軍団やらぶう軍団相手に、いろいろと☆☆☆まくしたてています!

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる