盛岡の週末

この土日は盛岡、スプリングコンサートのリハーサル。

土曜日は、今回初合奏となったAグループ。幼稚園から小学校高学年のチーム。
今年は、ヘンデルのブーレ、シューベルトの軍隊行進曲にもチャレンジ。

続いてBチーム、ロンドンデリーの歌。グラインジャーが弦楽合奏に編曲したこのアンサンブルは、
本当に美しい。小学校高学年から中学生のチームが、どこまでこの響きを作り上げるか・・楽しみ。

そしてCチームのシンプルシンフォニー。まだ難しいいくつかのポイントは課題が残るが、
本当に生徒さんたちよく頑張っている。この作品のテーマなど、もとになるスケッチはブリテン自身、
この演奏する子供たちと同じ世代で書いている。そのことにあらためて驚愕し尊敬する。

さて、土曜日のリハーサルのあと・・・・・先生方がサプライズでビッグイベントを開催してくださった。
「椀子蕎麦大会」

希望者生徒さん、ご父兄も交えて総勢50名で。

wanko5.jpg

こちらのお店。支店だそうですが、いろいろな集いに利用されているそうです。

wanko4.jpg

ずらりと並んだ我々を前に、お店の方が説明をされています。
食べ方、止め方などなど・・・。お店の記録では女性でも500杯を超えた人がいたそうです。
なんと・・・・・・・・・・・・・・・信じられない・・・・・・・・・・・・・

しかしそこは蕎麦好きな自分、どこまでいただけるか・・少しチャレンジの気持ちもありましたね。

wanko2.jpg

私の向かい側は大学1年生たち。目が挑戦の心にみちている・・・
積み重なっているお椀は一山15杯ずつ。このころはまだ平常心でしたね。

wanko1.jpg

お椀の数が・・・・・・壮観であります。
盛岡にご縁のあるうちにいつか!と思っていただけに、突然の企画、本当にありがとうございました!!

私の向こう側にいる女の子は小学生ですが、なんと・・・・・記録が70枚超えるそうです。

owan.jpg

この山積みのお椀も、その昔の「ふるまい蕎麦」という風習に思いをはせると、少しは趣も・・・・・・・
感じない。ひたすら圧巻。

本当にお蕎麦は好きなので、通常でもざる蕎麦は2枚は簡単です。3枚いただきたいくらい・・
ちなみにこの椀子蕎麦は15枚のお皿が積みあがると、ちょうど普通のざる1枚分だそうです。

さて何杯いただいたのでしょう・・・・今回50名参加者のベスト5の数字を並べます。

126、123、117、113.101

なかなかのものでした。トップは高校生の男子、101杯は中学生の細身の女の子でしたよ。

shoumeisho.jpg

この子たちも参加したようで、なんと100杯超えの手形をもらったようです。数字は・・・おお、113杯!
お見事!いったい誰が食べたのやら・・・・

 

さて、頂いた翌日、本日の日曜日は朝からリハーサルであります。
お蕎麦は消化が良いと言われます。それは確かにそうで、不思議なほど胃腸は問題ありません。

朝はブリテンから。昨日手掛けなかった楽章を。細部を丁寧に作り上げてゆくと、この作品の面白さは倍増です。
午後は管打楽器が加わってオーケストラ編成の作品を。今年は皆さんおなじみの作品が多いので、
はやくその曲の物語、メッセージをしっかりと表現できるようになってゆきたい。
楽しい曲は楽しく、演奏者の身体からもそれが感じられるような生きた演奏・・・それが一つの目標。

rehearsal1.jpg

rehearsal3.jpg

rehearsal2.jpg

今日も子供たちは非常に良い状態で長時間リハーサルをがんばりぬきました。素晴らしい!
次は4月です。

yuuyake.jpg

新幹線車窓の風景は美しい夕焼け・・・・

 

皆さん、次のリハーサル楽しみにしています!お元気で!!
本当にご馳走様でした!!ありがとうございました!!!

 

コメント

コメント一覧 (1件)

  • ルイウ゛ ィトン、PR A DA、C oac h、GU CC I、CHANE L、B VLG ARI、デュ ポン、RO LEX 時 針各 種 海 外有 名ブランド品 を豊 富に取り 揃え、し かもお 客 様を 第一 と考えて、驚き の低 価 格で提 供しており ます.

コメントする

目次
閉じる