龍谷大学交響楽団第18回定期演奏会終了

       nagaokatenjin3.jpg
学問の神様・・・長岡天満宮の隣にある、長岡京記念文化会館で本番でした。
7月のサマーコンサートに続き2度目の共演。この大学のサークル活動のシステムで、1年ごとの単位で指導契約を結びます。サークル活動としての交響楽団なので大学へのレポート提出などもあり、なかなか新鮮な驚きを持ちながら1年お付き合いしてきました。

momiji.jpg

京都もようやく冷え込んできましたが、それまでが暖かかったということで、紅葉も遅くまで残っています。
これだけの紅葉を見たのは、今年初めてかもしれない・・
hachijogaike.jpg気持ち良く晴れた日、ホールへも爽やかな気分で。

suppe.jpg

関西の学生オーケストラの伝統ともいうべき、学生指揮者による演奏。
後期も岡田さんが1曲目の「軽騎兵序曲」を指揮しました。日ごろのリハーサルも彼女が仕切っています。
本当に一年間御苦労さまでした。

学生オーケストラとのお付き合いは、自分は本当に多い。東西様々なタイプのオーケストラと共演の機会を頂いてきました。実は関西の方が多いのですが・・・。そんな中初共演となった龍谷大学の皆さん、
規模もまだ小さく、歴史も浅く、そして楽器経験者もそれほど多いというわけでもない、決して恵まれた潤沢な活動という環境ではないものの、とにかくオーケストラをやりたくて入ってきた!そんな学生達が集まっているということを期待して1年間向き合ってきました。
その想いと現実の姿のギャップに、こちらも厳しい言葉が増えていった後期・・・
(決して不機嫌なわけではないですよ(^^ゞ)、
ステリハ終了まで皆さんへの問いかけを続けてしまいましたね。

私自身学生オーケストラ経験者でもあり、同世代、先輩、後輩入り混じった独特の集団の中で 一つのステージを目指す空気をしっかり心身に覚えています。
学生だからできること、学生だからやらなくてはいけないこと、
学生という身分を充分に生かして 自分たちのやり方を見つけ出し全員で切磋琢磨し成長の道を見つける、
そんなことをじっくりできる時間も気持ちの余裕も現代の世の中はなくなっているのかな・・・
ということも感じてしまうこともありましたね。

それでもいろいろと話を聞いていると、それぞれに悩み苦しんでいるということもわかり・・・
私自身向き合い方、取り組み方を反省することもしきり・・・

とにかく様々な意味で皆さんとはがっぷり四つに悩み苦しんだ1年でありました。

そして迎えた公演、
冒頭の「軽騎兵序曲」は、落ち着いた安定感のある演奏で、まずます良いスタートを作ってくれました。
2曲目の「カルメン組曲」は、懸案のソロ、考え抜いたソロ、馬力が必要なソロ、木管金管に大きなソロが並ぶ有名な作品。言えることは、確実にそれぞれリハーサルから一歩成長していました。
今後それをしっかりキープして、そこからさらに階段を上がってほしいものです!がんばれ!

後半、ボロディンの交響曲第2番。3度目の指揮ですが、やはり今回もこの作品のもつ落とし穴というものに
はまってしまったような気がしています。わかりやすいメロディ、明確なリズム、繰り返されるパターン、そんなことで候補に上げられることも多い作品ですが、これは決して簡単な作品ではありません・・・。
調性の難しさ、弦楽器の弾きにくさ・・・・歌うことの難しさ・・・・ロシアの深い大地と重い時をしっかり受け止めて音にしてゆく強さ、たくましさ、大らかさ、そんなものもほしいのです。
取り組むからには、作品が語りたがっているものを存分に表現してあげる・・・それはアマチュアでもプロでも同じ姿勢で・・・自分はそう思っています。

課題がクローズアップされたこの1年、でもきっとそれは無駄な時間ではなかったであろうと思います。
応援してくださったお客様、そして多くの卒業生の皆さん、エキストラの皆さん、
大きな力と言葉と気持ちに、本当に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

学生の皆さんとも、もっともっと音楽の語りをしたかったね、
またどこか音楽の現場で出会うことがあったら、ぜひ声をかけてください。
次年度に向けて、早速スタートですね。成長を期待しています!

flag.jpgryuukoku.jpg
 

リハーサル終了後の全体写真!

3kaisei.jpg
 

 

打ち上げの一こま。執行回生の3年生の皆さんと。
 

mokkansyugou.jpg

ソロ満載だった木管セクションの皆さんと。
ご指導いただいたトレーナーの林先生も、本当にありがとうございました!
 

おつかれさま!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • Merry Christmas!!
    お元気そうですね。
    ようやく19日のカツァリスUNESCO公演を終えました。
    800人ほどの来場者で、素晴らしいコンサートになりました。
    みなさん感動してられました。
    ほっとする間もなく、3月京都・宮城公演の準備です。
    実は私は、5年ほど龍大で教鞭をとっていたのですよ。
    京都にいたら行ってみたかったです。
    また日本で!

  • >西川さん
    ユネスコ会場での公演、おめでとうございました。伺えず残念です。
    素晴らしい企画が続きますね。ご多忙の中お身体を大切になさってください。龍谷大学に御縁があったとは・・・大きな大学ですね。またお目にかかります。良い年をお迎えください。

コメントする

目次
閉じる