2010年の最後に

2010年の最後に・・・・
やってしまった・・・・・・

30日は●●年ぶり、中学校の同窓生との集い、忘年会。
学区域の地元で仕事を持っている皆さんを中心に集まっていました。
門前仲町、門前町です。代代お商売をされている人も多いです。

実はこの会の3日ほど前に、同級生の一人が病気で亡くなったと連絡が。
詳細がこの席上で報告されましたが、本当に残念でならない。まだまだ人生これからの世代。
心よりご冥福を祈ります。ギターが好きな人でした。

3chu-4.jpg
私はこの区域に小学校6年生の2学期に転校してきました。
当時は新しく大きな公務員住宅なる集合住宅ができたところで、日々転校生の嵐でした。
自分もその中の一人。(札幌・練馬区・江東区)と、小学校には3つ行っています!
全く環境が違う3つの小学校・・・のんびりおおらかな札幌市西岡小学校、山の手の雰囲気が新鮮だった、
練馬区の上石神井小学校、そしてちゃきちゃきの下町の臨海小学校~深川第3中学校。
転校2回、自分はその環境を楽しんでいたつもりだったけど、今から考えると結構大変だったのかな・
でも下町の皆さんは本当にすぐに仲間にいれてくれて一緒に遊んでくれて、
この門前町界隈も結構歩きまわりましたね。

3chu-3.jpg

その小学校から一緒だったお二人、紀子さん、そして中学校では吹奏楽部でも一緒だったスズキ君。
3年の時は部長副部長でスズキ君はホルン。
紀子さんは現在エアロビクスのインストラクター!格好良い!!

3chu-1.jpg3chu-2.jpg

男性陣は中学校の時は実は「坊主頭」だったのです。それは校則で。
今はそういう学校は少なくなっていると思いますが・・・。3中、スポーツで活躍する学校でもあったので、
割と校則、規則が厳しかったかな。当時は1年から3年までで30人いたかどうかの吹奏楽部も、現在大所帯で立派な演奏をしているようです。我々の頃は吹奏楽コンクールなんてまったく御縁はなく、見学に行って他校の素晴らしい演奏に圧倒されて帰ってきたものです。

懐かしかったなあ・・・みんなすぐにわかりました。少し時間が経つとまさに中学生当時の姿が重なって、
変わらない口調とか笑顔や笑い声に本当に時を戻されました。
今回声をかけてくださったのは、3年の時の級長どの。高校も一緒です。

懐かしすぎて、気持ちのゆるみがありましたね。

すみません

飲みすぎました

<(_ _)>やってしまった・・・・。
大晦日が反省の日となるとは
罰として一カ月禁酒令を自分に発令したところです。

2010年の総括は・・・・
やはり日本シベリウス協会の事務局長を任されたことが、様々な活動にとって大きな変化となりましたね。
シベリウス作品の演奏もさらに多くなり、
協会の体制刷新や未来の方向付けを皆様とともに取り組み始め、
秋のフィンランドと英国滞在では当地のシベリウス協会との交流が深まり、
「名曲探偵アマデウス」では再びシベリウス作品で解説の役割を頂き、
「シベリウス」というキーワードだけで仕事がどんどん広がってゆきます。

とは言ってももちろん指揮者として「シベリウス」だけを指揮しているわけではないので、
今年も様々な音の世界を素晴らしい演奏家の皆さんと歩みました。
特筆すべきことは・・・・「歌」との再会ですね。
4月に合唱の公演を頂いたことを始まりに、11月のソプラニスタ岡本さんとの共演、マーラーの片桐さんとの出会い、そして12月から来年にむけての大久保さんとの共演、伴奏。10年ほぼ遠ざかっていた歌の世界との再会。これは自分にとって大きなことでした。その具体的な影響や成果はきっと来年以降現れるかなと感じています。
新しいアマチュアオーケストラとの出会いもありましたね。両方とも関西でした。
日本には本当に多くの音を奏でる人がいます。
多くの人が集う意味も、そのオーケストラ活動の音に答えが託されます。

来年は・・・?
2011年にまた。

今年一年、演奏会にご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
一緒にステージに上った皆さん、素敵な共演の時間をありがとうございました。
タクト以外の仕事の機会を下さった皆さん、貴重な勉強の機会に感謝します!

常日頃支えて、また遊んでくださる友人知人お弟子様の皆様、
応援メッセージや書き込みをくださる友の会の皆様、
大きな刺激と活力を下さる先輩後輩の音楽家の皆様、
素晴らしい作品で新たな世界を見せてくださる作曲家の皆様、
そして日々健康を支えて、見守ってくれる実家の母。
そしてそして、すべての美の神・・・・・

心からの感謝を、本当にありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメント

コメントする

目次
閉じる