5月さいごに・・・

ラハティ~ハメ~ンリンナ2007.8.13 037mini.jpg明日は6月、フィンランド語ではkesäkuu。 夏の月という意味。
長い冬のあと、まだ雪の残る4月が過ぎるとあっという間に日は長くなり、まぶしい季節がやってくる北の国。
それは自分が子供時代に体感していた光の変化・・・

今年の日本は春が長い・・・肌寒く、まるで北国の春

グリーグの歌曲は季節と人生の時が美しく歌われている。
弦楽作品としても有名な「過ぎにし春」。原題は「Vårenー春」
歳を重ねるごとにこの原詩の気持ちが近くなる・・・。

春の季節が終わる日に、この詩を読んでみよう・・・

春 Våren (大束省三訳)

なおもう一度 私は見ることができた
冬が春に道をゆずるのを

かつて 花が咲いたウワミズザクラの木に 花咲くのを 再び私は見た

なおもう一度 私は見ることができた
氷が地面から浮くのを
雪が解け 滝が川に落ちて砕けるのを

なおもう一度 私は緑の草を 花と共にながめる事ができた

なお私は春の鳥が歌うのを聴いた
太陽に向かい、夏に向かって

今一度 私は春のたゆとうもやの中で私の眼を満たしながら

今一度 私はそこに ふるさとを見出したいと望む
また 泳ぐように 浴みしたいと

春が私の方へ運んでくれたすべてのもの
そして 私が摘んだ花
それは父祖の霊だと 私は信じた
それは踊り そしてため息をついた

それゆえ私は樺と常緑樹の間に見出した
春の中に一つの謎を

それゆえ私が作った笛の音は
私には泣いているように思われた。

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

明日から金沢。アンサンブル金沢の皆様とは初共演です。
音楽教室が主な公演になりますが、プログラミングも指揮者が考える公演です。
もちろん、お話も進行も。楽しみです!

さあ六月に向かって・・・・!春よさらば~

 

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ユリ先生
    先日はお疲れ様でした。練習の次の日の朝は毎回ユリ先生の指揮で「春」を弾いてる夢で目が覚めます!初日は何故か合唱してました。(^^)長調なのに(だから?)泣けるってグリーグさん凄い&大好きです。
    さて
    金沢という事で、森八という和菓子やさんの「城の石」美味しいデスよ。
    食べる前にはさむ最中なんですが1個150円位だったと思います。
    ではまたお会いするのを楽しみにしてます。Vn大西智子

  • >大西智子様
    コメントどうもありがとう!練習もお疲れさまでした。
    「春」で目が覚める!!なんと素敵な・・・・(^O^)/
    次回は皆さんで原曲を歌いましょうか・・・(^^ゞ
    金沢の美味しいもの情報ありがとう!探します!10日間もいるので、きっと見つかります。(^^)v
    また次のリハーサルで!

コメントする

目次
閉じる