お知らせ・ロシア語の書籍

このウェブサイトをお訪ね頂く皆さんにお伺いしたいことがありまして・・・・

3年前に他界した父の財産であるロシア語関係の書籍についてです。
父の専門は「語学一般」でしたので、ロシア語に関する専門書がそろっています。
ロシア文学の原書もいくらかあります。

実家もそう広いスペースではないため、母がそろそろ書籍の整理を始めようとしています。
専門の先生方にも以前から利用していただければ・・・・ということでお伺いをしています。
何人かの先生方が必要な書籍を引き取ってくださいました。
そのように利用していただけるのが一番嬉しいことだと思っています。
現在は書籍は世の中にあふれている状況なので、実際はこちらにあるものはもう不要とされるのかもしれませんが、もしロシア語学習者の方、またロシア語に興味のある方、古書に興味のある方などいらっしゃいましたら
お知らせください。 info6@yuri-muusikko.com こちらまで。

私は研究者にとっての書籍資料は、すぐに必要ではなくても10年先に必要になるかもしれないものは残しておきたい考えです。それはその当事者にしかわからないことですね。
何より自分は書籍に囲まれている空間が落ち着くので、多少狭くてもその方が心地よいということがあります。

しかし現実生活との葛藤があるのは事実です。便利なツールや便利なシステムができて書籍の保存に関しては、一様に困っている人が多いと話をききます。
自分は古いタイプの人間で、本という感触からいろいろなことを感じ考え、それが次の仕事のエッセンスになると思っています。楽譜も同様です。使われる頻度は楽譜によっていろいろです。5年間使用しなかったからといって不要なわけはありません。そういうたぐいの「モノ」は、とかく現実社会とはぶつかってしまいます。
まあ、広いスペースを持てればよいのですが、そう簡単にはゆかず・・・。

ということで、もしこの書籍を役立てていただける方がいらっしゃいましたらぜひお知らせください。

お知らせでした。

 

コメント

コメントする

目次
閉じる