2016/12/01(木)「メンデルスゾーン・ディスカヴァリー」プロジェクト第1回

2016年12月 1日(木) 19時00分開演
会場:五反田文化センター・音楽ホール

 「メンデルスゾーン・ディスカヴァリー」プロジェクト第1

 

~ニルス・ゲーゼ生誕200年を前にして~

メンデルスゾーンとゲーゼ

二人の作曲家の絆、そしてオシアンの刻印を分かつ二つの作品の知られざる姿

 

 2016121日(木)19:00開演 18:30開場

五反田文化センター・音楽ホール

入場料:3,000円(全自由席)

 

主催:「メンデルスゾーン・ディスカヴァリー」プロジェクト実行委員会

後援:日本メンデルスゾーン協会、北欧文化協会

お問合せ:プロジェクト用メールアドレス取得予定!

 

出演:秋場敬浩(ナヴィゲーター&トーク、ピアノ)

   吉岡裕子(ピアノ)  

神田周輔(ピアノ)

   相原一智(ピアノ)

 

特別ゲスト:

星野宏美(トーク/音楽学者、立教大学教授)

新田ユリ(トーク/愛知室内オーケストラ常任指揮者、日本シベリウス協会会長)

 

【プログラム】

 

 ゲーゼ:

演奏会用序曲「オシアンの余韻」Op. 1(作曲者による4手連弾用編曲)

 

 

鼎談:星野宏美×新田ユリ×秋場敬浩

「メンデルスゾーンとゲーゼの絆。そして、オシアンの刻印を分かつ二つの作品の成立経緯、共通点と相違点、4手連弾用編曲の聞きどころについて」

 

 

 メンデルスゾーン:

交響曲 3 イ短調「スコットランド」Op. 56(作曲者による4手連弾用編曲)

 

目次
閉じる