2007/09/24(月)封印を解かれたヴァイオリン協奏曲と第8交響曲への軌跡

2007年9月24日(月) 14時00分開演
会場:紀尾井ホール

ジャン シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
 初稿・ピアノリダクション  【世界初演】(予定)
 ヴァイオリン:佐藤まどか
 ピアノ:フォルケ・グラスベック
ジャン シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
  改訂稿=現行版
 ヴァイオリン:佐藤まどか
ジャン シベリウス 交響曲第7番 ハ長調 作品105
ジャン シベリウス 音詩「タピオラ」 作品112

 

ヴァイオリン協奏曲の初稿のピアノリダクション【世界初演】(予定)と改訂稿の比較にみる作曲過程の変遷、後期オーケストラ作品の演奏とフォルケ・グラスベックの講演によって、晩年30年の沈黙への軌跡をたどり、交響曲8番の謎へとつなげる企画です。
 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる