新田ユリ友の会 Sateenkaari

御挨拶

 このたび新田ユリ友の会発足後8年経過したのを期に友の会ページを刷新することになりました。友の会が発足した2003年1月のホームページに詳しくご紹介しております通り、新田ユリ先生にはフィンランドと日本との間の架け橋となって、長年にわたって音楽活動を続けてきておられます。

 厳しい歴史の中民族の誇りを持って、自然を大切にし、自然との調和を心がけるフィンランドの人々の心に、日本人の心の共感と可能性を見出し、音楽文化を虹の掛け橋として両者を結ぼうという志を持ち続けておられる新田ユリ先生に私どもはこれからも応援し続けてまいりたいと思います。

 フィンランド語で「虹」を意味する「サテーンカーリ」を呼称とする「新田ユリ友の会」に御入会頂き、私共とともに活動の輪を広げていただければ ご本人はもとより、私共関係者一同 心より嬉しく感謝申し上げる次第です。多くの皆様のご賛同願っております。

 2011年4月

新田ユリ友の会「SATEENKAARI」会長
坂本利彦 (公益社団法人府中市シルバー人材センター委員)

御挨拶

yuri shirakaba small.jpg
Terve! ようこそ、Sateenkaariへ。

友の会発足から10年が過ぎました。これまで多くの皆様に応援していただけましたことにあらためてお礼申し上げます。

2015年より新たな2つの役割をいただき活動が始まります。創設12年の若いオーケストラ、愛知室内オーケストラと3年の時間をかけて魅力的な演奏会を作ってゆくこと、そして30年の歴史を持つ日本シベリウス協会の第3代会長として先輩方の築かれた歴史を引き継いでゆくこと、この2つの新たな大事なお役目が活動に加わります。さらに精進を続け、皆様に喜んで頂ける演奏会を作ってまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。  新田ユリ

  1. メールマガジン・ニュースレターの発行
  2. 新田ユリさんと会員相互の親睦会
  3. フィンランドからまたは北欧にちなんだグリーティングカード発送
  4. 新聞や雑誌などへの執筆原稿の閲覧
  5. 演奏会チケットをご招待、会員ご優待料金でお分けする。(一部演奏会)

    2011年度より会費制度を廃止しました。公演情報やお知らせは今後、
    「メールマガジン(メールにて配信)」「ニュースレター(郵送)」のいずれかでお送りします。
    入会、会員登録ご希望の方は、下記の申し込みフォームにご記入ください。

 

→お申し込みフォーム

森と湖の詩日記
2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ