熊本地震から1年

 熊本地震から1年。今なお余震微震続きます。熊本城の被災も、今朝の「あさいち」で放映されていた阿蘇の被災も大変に大きな被害。そこからの復興復旧の歩みの中、その地で生活をされている方々のご苦労は1年を経過しても続いています。

これまで「熊響」「第九を歌う会」のご縁で3度熊本で共演、演奏の機会がありました。

初回は「北欧」プログラム。2009年の秋でした。そして2011年と2014年に「第九」
いずれも熱い魂の響きは心に残ります。

実は・・20年前には国立音大ブラスオルケスタ‐でもお邪魔しています。その時の赤い壁のホールの印象が強くて、熊響さんと初共演の時にはなにやら懐かしかったのです。

 
熊本城の今の様子と復興城主についても記載されていますね。
 
何度も足を運んだところ。少しでも力になることができればと思っています。
文化的な遺産は、生み出した人間が守ろう思わないと次の時代に繋がりません。
有形無形両方共ですね・・・
 
最近また全国的に地震の回数が増えています。
備えを・・・いつものことながら、その心を今一度心に留めなくてはと思います。
 
地震の犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、
復興の歩みの加速を願い、日常の平穏を祈ります。
 
kumamoto3.jpg
 
kumakyo.jpg
 
kumakyo2.jpg
 
kumakyo4.jpg
[2017年4月14日 11:04]

コメントする

森と湖の詩日記
2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ