ラハティの恩人

2006.9.24のおもてなし 008mini.jpg
マルヤッタさんのご一家と、友人のミルヤさん(通称ミクさん)
ご主人のチェリさんはラハティ響のファゴット奏者。
長女のエンマちゃんは小さな頃から絵がとても上手。
私の指揮姿まで書いてくれました。
長男のアラリク君(通称リッケ)はサッカーにも興味がある元気な男の子。
であった頃はかなり気難しかったけど、今では仲良しです。
友人のミクさんはキンダースクールの先生をしていらっしゃいます。
日本の文化がとてもお好きで、お部屋に箱庭のようなものを作っていらしたり、
日本の生地でお部屋を飾っていらっしゃいます。
ラハティ滞在のときは必ずお会いする皆さん。本当にお世話になりっぱなしです。
皆さんのおかげでフィンランドの生活文化に触れることができました。

[2009年2月24日 23:12]

森と湖の詩日記
2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ